「NAISSANCE」RAFFY COTTON CARDIGAN

by

 

_MG_1821

先ほどに続き「NAISSANCE」のご紹介です
軽くて柔らかなラフィーコットンを使った
シンプルなカーディガンが届いております

ラフィーコットンはトルファンの超長綿とギザアメリカの落ち綿の
混紡によって作られる綿100%の糸で、肌触りの良さと
質感を生み出すことが出来るのが特徴

適度なムラ感の有る糸にて、程よくざっくりめに編まれたニットは
柔らかく軽く、クラフト感の有る雰囲気に仕上がっています

襟は無くロール状になっているため
着たときの雰囲気もとても優しい感じになっており
ボタンレスのためTシャツの上からさらっと着流しで◎

持っているときっと重宝する事間違い無しの一枚です

生成りのような柔らかな白みのベージュに
インディゴの爽やかながらとても印象深いネイビー

それぞれ違った雰囲気で、お好みでお選び下さい

こちらもぜひ実際に袖を通して感じていただきたい一枚です

_MG_1824

_MG_1826

_MG_1827

_MG_1828

_MG_1829

_MG_1831

_MG_1833

_MG_1834

_MG_1836

_MG_1837

_MG_1838

_MG_1841

_MG_1822

「NAISSANCE」 RAFFY COTTON CARDIGAN
MATERIAL: COTTON 100%
COLOR: BEIGE,NAVY
SIZE: S, M
MADE IN JAPAN

「NAISSANCE」

NEW OR OLD
新か、旧か。
ファッションにおいて、古き良きものを再生させること、
あるいは全く新しいものを創造すること。
その垣根を取り払い、まっすぐな視線を向けたときに見えてくる、
自分にとっての自然。
そぎ落とした後に立ち現れる、普遍性。
ワードローブに馴染む色、実質剛健で上質な素材、着心地の良さ。
親しみがあると同時に新しい、ありそうでなかったデザイン。

スタイリスト、フォトグラファー、ディレクター、デザイナーなど
これまで、さまざまな角度からファッションを見つめてきた熊谷隆志が
自身の美意識の中心にあり続けるものだけを抽出し、収斂し
再び対峙することで生まれた新しい衣服、それが「ネサーンス」なのです。

気になる方はこちらまで

気軽にお問合せご来店くださいませ。

心よりお待ちしております。

姉妹店 Brown’s Blog


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。