「山内」品番 / yc41-18s 有松塩縮加工リネンシャツ

by

_MG_6168

少し気温も上がり始めてきましたが
また週末に掛けて雨模様で気温も下がり気味
まだまだ長袖シャツが欠かせないといった気候ですね

そんな中で本日は待ちに待った長袖シャツのご紹介です

デリバリーが遅れていましたが、お問い合わせも多かった
「山内」の定番としてオールシーズン提案している
有松塩縮加工のリネンシャツが届いております

独特な表情と質感のコットンリネン生地は
「山内」らしさの象徴で、この独特なシワ感は
有松絞りの技術を取り入れた塩縮加工により生まれ
使用する生地を有松の職人さんが
一つずつ塩縮液につけ込み風合いを見ながら
微妙に液の濃度を変化させ絞りを加えながら加工していきます

塩縮液は強アルカリ性ですので中和作業をし
何度も洗いをかけて風合いを増させ出来た生地は
縦横約30%も縮まりをみせ
本来シャツを作るために必要な生地分量の約2.5倍生地を使用

使用出来る箇所の縮みを見ながら
1着ずつ、1パーツ、1パーツ裁断していく手間の掛けようで
裁断されたパーツの裏全てに滑りの良い
コットンキュプラの綾織り生地をあてる2重仕立てにすることより
シワにより動きの出た生地のサポートとなります

裏打ちされたパーツを縫い合わせ
3mm厚の本白蝶ボタンを取り付け
ようやく1着のシャツが完成するのです

有松の塩縮という技法はもともと和服で使用されていた為
完成したシャツはどこか「和」を感じさせ
「山内」の定番として一番しっくりくるアイテムになっています

どことなくジャケットのような凛とした佇まいのシャツは
袖を通すと気持ちまで正される心地よさがあり
あらためて「本当に丁寧に綺麗な服を作っているな」と
感じさせてくれる一枚に仕上がっています

唯一無二の「山内」らしいシャツではないかと

シルエットはスタンダードなシルエットなので
今回はサイズを上げてセレクトしました
ただ元々それほど大きくないため
ワンサイズ上げて選んで頂ければと思います

これは是非店頭で袖を通して頂きたい一枚です

※有松絞りは日本の伝統工芸に指定される
名古屋の有松発祥の絞り染めの名称

_MG_6170

_MG_6173

_MG_6175

_MG_6177

_MG_6179

_MG_6181

_MG_6182

_MG_6169

「山内」品番 / yc41-18s 有松塩縮加工リネンシャツ
MATERIAL:LINEN 50% COTTON 50%
(LINING COTTON 50%,CUPRO 50%)
COLOR:BLACK
SIZE: 4,5
MADE IN JAPAN

気になる方はこちらまで

気軽にお問合せご来店くださいませ。

心よりお待ちしております。

姉妹店Brown’s Blog

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。